海は危険もたくさんある|美しい海でシュノーケリングをして旅行を思う存分楽しもう!
sea.jp

シュノーケリングをするなら安全性も意識しよう

必ずしも安全ではないので気をつけて泳ぐこと

沖縄ではシュノーケリングツアーがいくつも開催されており、比較的安全にシュノーケリングを体験することができます。しかし過去にシュノーケリングで事故も発生しているので、そのような事態にならないよう細心の注意を払いましょう。

シュノーケリングで注意するポイント

泳いでいるときパニックにならないこと

シュノーケリング中にバタバタと足を動かしすぎて痙攣をする人もいれば、マスクの不備によってマスクの中に水が入ってきたなどのトラブルが起こることもあります。そういったトラブルでパニックになると溺れる可能性が高まります。

沖に流されないようにする

泳いでいるポイントの中には離岸流があり、そこは潮の流れがあり沖に流されてしまいます。離岸流に入ってしまうと沖に流されて戻ってこれずに溺れてしまう可能性が高くなるため注意が必要です。流れに逆らうのではなく、海岸線に沿って泳いで離岸流から離れましょう。

危険生物には近づかないようにする

沖縄の海では、人間を狙って攻撃してくる危険生物は少ないので比較的安全であるといえます。しかしガンガゼやオニダルマオコゼなどの危険生物を誤って踏んでしまうことがあります。危険生物について事前に調べておき、海で泳ぐときも注意しましょう。

海は危険もたくさんある

海中

沖縄だけでなくどこの海でも言えること

シュノーケリング事故は沖縄だけでなく日本全国で発生しています。その日の気象の変化や、波の強さなどに注意をするとともに、正しいシュノーケリングの使い方を学んでおくことが事故を防ぐ上で大切なことになるので、きちんと把握しておきましょう。

日焼けをしたいからと肌の露出をしすぎない

気温が高く紫外線も強い沖縄ですが、日焼けをするために肌の露出をしてシュノーケリングをする人もいます。しかし肌の露出は海の危険生物に触れてしまう危険性があるため、海で泳ぐときは極力肌の露出を抑えるようにしてください。

安全性を重視したいならツアー

沖縄の海は自由に潜ることができますが、海によっては監視員がいないこともあります。その場所で海の事故を起こすと大変なことになるので、安全性を重視している人はツアーを選択した方が良いでしょう。ツアーなら常にプロのアドバイザーがついているので万が一のことが起こっても安心です。

広告募集中